33歳女、旦那に育児や家事を手伝ってほしいと正直に言った結果

現在3歳と9か月の子供を育てている33歳の兼業主婦です。
旦那は子供は好きなのですが、自分が構いたいとき以外は旦那は好きなことをしています。例えば、子供がいけないことをしているときは注意はしませんし、子供が遊んでほしいときは気が向かないときは遊びません。かといって自分のゲームの邪魔をしたり、テレビを見ているのを邪魔すると子供に怒るのですが。
わたしは働いているとはいえ、パート勤務なので、家にいる時間は多いです。給料も旦那に比べるととても少なく、そのせいで旦那は家の家事や育児といったことをわたしに任せているのかと思い、一生懸命に頑張ってきました。
朝は5時に起きて朝食とお弁当を作り、夕食の材料を切るまでの準備を。その他にも下の子供のおむつ替え、離乳食を食べさせることと授乳、子供の保育園の準備をしていきます。もちろん、自分のメイクなどの準備をしていきます。
家から帰ると夕食の準備、子供に食べさせ、お風呂をに入れて、食洗器に洗うものをセットして、少し遊んで寝かしつけ。その後に洗濯ものを畳んで干して、ようやく寝れるといった毎日でした。
旦那は何も手伝わないわけではありません。食洗器で洗えないものは洗ってくれますし、お風呂掃除もしてくれます。どうしても人手が必要なときは旦那が下の子を抱いてくれます。けれどもどうしても、もう少し手伝ってほしいと思ってしまいます。
一人目の時はずっと一人で行い、二人目が産まれて負担がぐっと増えた時も、わたしは我慢してきましたが、そろそろこの大変さをわかってほしいと思い、思い切っていってみることにしました。旦那はとても子供っぽい所があり、不貞腐れるのではないか、私の言葉なんて聞いてくれないのではないかと思っていましたが、旦那もわたしの毎日の忙しい姿を見ていたので、聞き入れてくれました。
わたしの話を聞いてくれたことに、とても驚きましたが、実際に手伝うようになったのは出来た夕食を並べることと、保育園の準備だけですが、少しだけでも全く違います。
あの時、自分の気持ちに正直になって、思い切って旦那に言ってみて良かったと思いました。