30歳女 自分の意見を勇気を出して伝えたら毎日が楽しい

私は30歳の一児の母です。
夫のモラハラが原因で、約一年調停をし、今年二月に離婚しました。
私はおそらく、自分の育った家庭環境が影響し、
子供の頃から何をするにも人の目を気にしてばかりいました。
それは学校に行っても、働くようになってからも変わらず・・・。
「自分がどうしたいか。」ではなく、
「相手に何をしたら喜んでくれるか。」ということを基準に、決断したり行動したりしてしまうのです。
その結果、自分で自分が何を考えているか分かりません。
何が好きで、この先どう生きていきたいのかすら分からないのです。
相手に嫌われてしまうことが怖すぎて、
自分の子供の顔色まで伺ってしまいます。
明らかに子供に叱る場面で叱った時も、自分に自信が無く何日も叱った自分を責め続けてしまうのです。
誰といても、何をしていても、フワフワとしていて、生きている感覚がありません。
そんな自分を変えたくて、たくさんの本を読みあさりました。
カウンセリングも受けました。
でもなかなか変わることは出来ません。
まず自分と違う意見の人に自分はこう思っている、ということを伝えられないんです。
思ってもいないのに「私もそう思う。」と同意してしまいます。
そして、そんな自分が情けなくなるんです。
「もう嫌だ。こんな自分嫌いだ。」そう思って、良さそうな本をネットで探していた時、
ある一冊の本に出会いました。
著者も私のように、他人中心で生きてきて、辛い思いをした人でした。
でも、その生きづらさからちゃんと卒業できたというのです。
卒業する方法が丁寧に書かれた本でした。
一つ一つの文章が心にすーっと染み渡り、
今まで読んだ本と違って、「ダメな自分すら、愛おしい」という不思議な感情が生まれました。
そして、「私は私でいいし、自分が思ったことを人に伝えても大丈夫。」と思えるようになりました。
それから数日して、ママ友と集る機会がありました。
今までなら頭の中で「何を話したら嫌われないんだろう。」とぐるぐる考えてしまっていましたが、
それが一切なくなりました。
それどころか「確かにそうだよね。でも私はこうなんだ。」と自分の気持ちを伝えられたのです。
とても自然に・・・。
自分の気持ちを殺さず、正直になることでこんなに楽になれるなんて知りませんでした。
一回伝えることが出来てしまったら何だか吹っ切れて、
次の日も、また次の日も自分の気持ちをしっかり話せるようになりました。
「嫌われたらどうしよう」と思っていたのが馬鹿馬鹿しいです。
「いつか嫌われる」と思っているのは自分だけで、相手は特に何も思っていなかったりします。
勇気を出して自分の気持ちに正直になって良かった。
今、とても毎日が心地よくて人と関わるのが楽しいです。