結婚する気がない相手を説得するなら、別れる覚悟を決めて臨んで!

私は40代の専業主婦です。元々、空気が読めない性格で、子供の頃から思ったことを口にしては失敗してきました。自分に素直になることは、基本的にあまり良い結果を産まなかったのですが、時として良い結果を招くこともありました。例えば今の伴侶と結婚した時のことです。当時私は、元婚約者と結婚が破談になったばかりで、しかも30代に突入目前でもありました。毎日のように婚活をして、男性と会っては断ったり断られたりすることに、疲れ果てていました。そんな時に、知人の紹介で知り合ったのが、今の伴侶です。相手も、ちょうど結婚が破談になったばかりということで、珍しい体験の一致に意気投合し、すぐに付き合うことになりました。私自身、結婚への焦りがあったし、それは相手も同じでした。なので、すぐにプロポーズしてもらえるなり、何らかの結婚へのステップが、すぐにやってくるだろうと皮算用していました。しかし実際は、相手からは何のアクションもなく、結婚に関する話題も避けるそぶりがありました。そして、二言目には「結婚話に一度失敗しているから、『結婚』することそのものにトラウマがある」というのでした。結婚を焦らされることへのけん制だったのでしょう。この手のことは相手を急かしてもいい結果が出ないことは、私自身も良く分かっていました。なので、しばらく様子を見ることにしましたが、付き合って1年経っても何のアクションもありませんでした。私はもう30代になっていました。「将来的に子供が欲しいなら、もう私には時間がない。この人のトラウマに付き合っている時間はない。結婚する気がないのなら、別れて他を当たろう」と決心しました。そして、それをそのまま相手に伝えたのでした。私は、正直別れ話をしているつもりでこの話をしたのですが、相手から返ってきた返事は以外にも「ならば、式場を探そう」とのことでした。そして結婚し、もうすぐ結婚生活も10年になろうとしています。時には素直になるのもいいけれど、それにはそれ相応の覚悟がなければ、物事は動かせないのだ、ということを学んだ出来事でした。